トップページへ(サイトマップ)


スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Wifi接続でiPhoneから記録が確認できる体重計Withings



以前からタニタの体脂肪計は持っていたのですが、体重を確認するのが、微妙に面倒で使わなくなってしまい、お陰様で正月太りとなってしまいました。
そんな時に見つけたのが、このWithingsというWifi接続できる体重計。
体重計に乗ると、体重、体脂肪率を計測し、測定結果が自動的に記録され、PCもしくはiPhoneで確認する事ができます。



ただし、少しハマったポイントもいくつか...

まず、いきなり電池の入れ方から分からなかったして。
Wifi接続できる体重計Withings

電池のフタの開け方は本体裏の電池のフタを上へスライドさせると開ける事ができます。

次の分からなかったのが、このWingthsのWifiへの接続方法

ペラペラのマニュアルを見ると、
http://start.withings.com

へ、まず接続するとあり、iPhoneのSafariで開くと、このように表示されます。

Wifi接続できる体重計Withings

この表示をよ~く見てみると、

まずあなたのパソコンから体重計のインストールを開始してください。

と書いてあります。
iPhoneだけで設定ができるものかと思っていたら、まずは、パソコンで設定を行うようです。

という事で、まず、パソコンで

http://start.withings.com

のページを開き、アカウントを作成します。
途中で設定する体重は、±1kgぐらいの精度で入力した方が良さそうです。
この体重で測定するユーザを認識しているようです。

次にセットアップ用のファイル(pairingwizard_Windows.exe)をダウンロードし実行します。
これも指示通りに行っていけば問題無いと思います。

次に、iPhoneのアプリ
WiScale
をインストールし、
アカウントの設定をすれば大丈夫だと思います。

これだけで、設定がちゃんと出来た人は体重計に乗るだけで、結果が記録されると思います。

ただ、私は何故かうまく接続できず...
My Withingsのページを表示しようとすると

Wifi Body Scaleを初期化できませんでした。

というエラーメッセージが表示され、なかなか記録された体重が表示されない。
これは、どうも日本語表示の時の場合のエラー?のようで、もし、日本語のページでエラーが出る場合は、英語のページ

http://my.withings.com/

で試してみて下さい。

という事で、私の敗因は
①PCでも設定が必要だった。
②正月太りで、体重の初期設定値がちゃんと設定されていなかった。
③日本語ページの不具合?

と思われ。

また、気になる測定精度ですが、タニタの体重計を比較したところ、
体重はだいたい±100g
体脂肪率は-2%程度 
とちょっと少な目に表示されるようです。

にしても、ただ、乗るだけで簡単に体重と体脂肪率を記録してくれるので、今後、コマめに体重を量って、太らないように注意していこうと思います。

また、こだわり派の人には並行輸入で白モデルもあるようです。




スポンサーサイト


テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

標準アプリの『写真』



わざわざ言うまでもありませんが、標準アプリの写真
iPhoneで撮影した写真にはGPS情報も付加され、撮影地を選ぶと撮影した位置が地図上に表示されます。

iPhoneアプリ写真

見たい場所のピンを選択すると

iPhoneアプリ写真

同じ撮影地の写真一覧が表示されます。

iPhoneアプリ写真

そして、なんとく良く撮れていた写真↓

高千穂峡
iPhoneアプリ写真

別府、血の池地獄
iPhoneアプリ写真

旅行の行く先々で写真を撮ると、言った場所のメモにも使えるので、便利です。

ただ、逆に言うと、撮影した画像をそのままHPなどに公開すると撮影地(下手をすると自宅)の位置がばれるので、ご注意を!
iPhoneに限らず最近のデジカメではGPS機能が搭載されている物が多いので、ますます注意が必要です。

テーマ : iPhoneアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

現在地周辺店舗情報検索アプリGoogle Places



Googleから現在地周辺のレストランやカフェ、ガソリンスタンドなどの店舗情報を検索できるアプリが公開されました。(アプリそのものは英語版ですが、検索キーワードなど、日本語を使う事はできます。)

このアプリ、現在地周辺の情報を検索するだけなら、これまでもiPhone標準アプリのマップでも検索できますが、このGoogle Placesを使うとより簡単、より詳しく周辺店舗情報を検索することができます。

使い方は、まずはiTunesよりGoogle Placesを入手します。

起動直後はこのような画面↓
Google Places
が表示され、Sign Inをタップします。
すると、Googleのアカウントを聞かれるので、すでにGoogleのアカウントをお持ちの場合は、メールとパスワードを、もし、持っていない場合は、別途、新規にアカウントを取得し入力して下さい。

Google Places

すると、このような画面が表示されます。

Google Places
この中から、検索したい店舗の種類をタップすると地図上に店舗のある位置が表示されます。

Google Places

より詳細な店舗情報を知りたい場合は右上のリストボタン?(ノートのようなマーク)をタップします。
すると、店舗のリストが写真付きで表示されます。
この写真付きという部分が、これまでGoogle Mapなどで情報を蓄えてきたGoogleらしいとこ。

Google Places

さらに詳しい店舗情報を知りたい場合はお店の名前をタップします。

Google Places

すると、口コミ情報まで付いて店舗の詳細情報が表示されます。
See on mapをタップすると、地図上の店舗位置を
Callをタップすると、お店へ直接電話を
Directions to hereをタップすると、現在地からお店までのルートの表示をしれくれます。

ただし、Callをタップすると、確認画面なしに即電話が掛かるので注意して下さい。
(これやって、焦った~~)

また、最初の店舗の種類の画面ですが、オリジナルで追加することができます。
やり方は、画面右上にあるボタンをタップします。

Google Places
すると、Add a serchという画面が表示されるので、店舗の種類を入力し、右下に表示される確定ボタンをタップします。
(店舗の種類は日本語で大丈夫です。)

Google Places

すると、最初の店舗の種類の部分に、自分オリジナルのボタンが追加されます。

Google Places

これまで、ホットペッパーを使ったり、マップでいちいち検索していたので、これは便利!

また、現在地周辺の情報のみならず、地図表示の時に地図を移動するとRedo search hereと表示されるので、その表示位置周辺の店舗情報も検索することが可能です。


テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

ダイエットの基本、体重記録ソフト『体重ノート』



ダイエットと言えば、もちろん運動や食事制限なども大事ですが、体重を記録するのも大事だと思います。
ということで、無料の体重記録ソフトの
体重ノート体重ノート

の紹介です。
起動直後の画面
朝晩の体重と運動量、食事量の記録を行います。
 体脂肪とメモ入力画面
朝晩の体重と体脂肪の記録を行います。
何を食べたか?メモをするのもいいかも?
体重ノート体重ノート

体重、体脂肪などの記録リスト画面

体重、体脂肪、運動量、食事量のグラフ表示画面
体重ノート体重ノート

ダイエットレポート画面
目標体重までの体重、BMIなどが表示されます。

設定画面
身長や入力単位の設定を行います。
体重ノート体重ノート


と、思わずリアルな記録を公開していますが、ちょっとメタボな私でした...

そんなにダイエットする気がなくても、体重のグラフが上向き傾向になると、さすがに少し食事制限をしてみたりもするので、まずは体重、体脂肪率の記録から!
ダウンロードはこちらより⇒icon

icon

OCR機能が欲しい! 超名刺 Business Card Manager



ソースネクストより、名刺管理ソフト 超名刺 Business Card Manager が発表されました。

名刺30枚まで登録可能な無料版 超名刺



機能制限のない有料版 超名刺


が同時に発表されています。

ソースネクストが出す名刺管理ソフトということで、かなり期待して待っていたのですが、7月中旬発表の予定が、結局ダウンロード出来るようになったのは8月7日。

何はともあれ、早速、ダウンロードして試してしましたが、期待してただけに、とても残念な感じでした。

名刺管理ソフトといえば、やっぱりOCR機能に期待してしまうのですが、OCR機能は同期先のEvernoteにしか無い。
しかも、超名刺で撮影した名刺の画像をEvernoteへ転送して、EvernoteのOCR機能により、名刺の画像の文字を検索してくれる。と、いうだけ。
Evernoteで名刺の文字を全部OCRで認識してくれて超名刺側にOCRの結果を戻してくれる訳ではありません。
写真を撮ってEvernoteで文字を検索するのなら、Evernoteだけでできるし...

名刺の登録(名前や住所、電話番号、会社名など)作業は、結局全て手入力で行う必要があるし、連絡先(iPhoneのアドレス帳)から住所などを持ってくる(連絡先からコピー)を行うと、海外の住所風に住所の順番が逆になるし、名刺の順番を入れ替える事が出来なさそうだし、会社名や名前の五十音順に並べる事も出来ないし...と。
勝手に想像していた仕様とはかけ離れていました。

もしかすると、ある機能もあるかも?しれないので、詳細はヘルプ↓
http://www.sourcenext.com/app_manual/116430/#_home
でご確認下さい。

と、文句はその辺にして、この超名刺の機能は、撮影した名刺をグループごとに分類が出来る。
OCR機能が欲しい! 超名刺

撮影した名刺の画像の一覧が表示されます。
この表示は2本指で拡大、縮小表示が可能です。


OCR機能が欲しい! 超名刺

名刺を選択すると名刺の画像を見ながら電話やメールをする事が出来ます。
ただ、超名刺のHP(http://www.sourcenext.com/app/116430/)の動画を見る限りだと名刺の画像を横にスライドさせながら次の名刺へと切り替える事ができるハズなのですが、これが出来ない。

OCR機能が欲しい! 超名刺

で、こちらが名刺を見ながら電話をかける時の画面↓

OCR機能が欲しい! 超名刺 

無料版が用意されているので、気になった方は無料版をダウンロードして見ることをオススメします。

ダウンロードはこちら 超名刺
 

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

Akira

Author:Akira
仕事では画像処理をやってます。
画像処理の情報は、別ブログ画像処理ソリューションにまとめてます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。