トップページへ(サイトマップ)


スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


文字入力、キー操作方法



メールやメモ帳などで、文字を入力する時のキー操作方法を紹介します。

キー入力方法はPCのキーボードのような入力方法から、普通の携帯のようにボタンを押す方法が容易されています。 

基本的なキー入力方法の切り替えは、地球儀のようなマークで切り替わります。

【英字入力】
iPhoneでの文字入力方法、キー操作
英字入力の大文字と小文字の切り替え(キーボードのShiftを押した状態)はiPhoneでの文字入力方法、キー操作のボタンを押します。

このボタンiPhoneでの文字入力方法、キー操作を押すと↓

【ローマ字入力】
iPhoneでの文字入力方法、キー操作
一見、英字入力と区別が付きにくいですが、右側に表示されているハイフン(-)のキーが追加されます。

さらに、このボタンiPhoneでの文字入力方法、キー操作を押すと↓

【テンキー入力】
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

と切り替わります。

数字入力への切り替えはiPhoneでの文字入力方法、キー操作のボタンを押して
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

iPhoneでの文字入力方法、キー操作

記号入力への切り替えはiPhoneでの文字入力方法、キー操作のボタンを押して
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

となります。

英字入力への切り替えはiPhoneでの文字入力方法、キー操作のボタンを押して
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

文字はやっぱり両手でローマ字入力をしたい!という方は本体を横向きにした方がミスタッチが少なくなると思います。
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

ここで、iPhoneならでは入力方法を紹介します。
従来の電話のようなテンキー入力画面で、やはり従来通りにあ、あ、あ…と押すと、
あ、い、う…というように文字の入力を変える事ができるのですが、
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

文字の部分を長押しすると、

iPhoneでの文字入力方法、キー操作

というように、左側にい(i)、上側にう(u)、右側にえ(e)、下側にお(o)が表示されます。
あとは、指をスライドさせて、文字を選択すると、その文字を入力する事が出来ます。

また、ボタンを長押しせずとも、いきなり文字をスライドするようにタッチすると、その方向の文字を入力する事が出来ます。
iPhoneでの文字入力方法、キー操作

これはこれで、iPhoneらしい文字入力で慣れれば速そうですが、押している文字が指で隠れてしまうので、慣れるのも、ちょっと大変。

YouTubeには、この入力方法(フリック)の動画が公開されています。
単純にスゲー!
iPhoneでのフリック入力
http://www.youtube.com/watch?v=kVy1p0v0Pow 
 



テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

さっそく来たよ

Touchから記念カキコ。キーボードがちょいと小さく感じられますな。でもすぐ慣れそう。それではまた明日~
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

Akira

Author:Akira
仕事では画像処理をやってます。
画像処理の情報は、別ブログ画像処理ソリューションにまとめてます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。